勉強になるソースを探そう

とりあえずGitを導入しておこう

 さて、開発環境を整えようのページで、Gitの導入について提案しましたが、これはソフトウェアのバージョン管理だけでなく、様々なソフトウェア開発プロジェクトの為の共有ウェブサービス(gitホスティングサイト)などを利用して、他の人が作ったGPLライセンスのソースなどを参考にしながら、様々な物を作っていけるという利点もあります。またこれを利用することによって自分自身の作るプログラムもバージョン管理が楽になりますので、是非クライアント版のGitも導入しておきたいところです。しかし、一応Gitを導入しなくても使えるサイトもありますので、とりあえずはどんなものか見てみてからでも遅くはないでしょう。

 それではGitホスティングサイトやサンプルソースなどが見られるサイトについてどんなものがあるのか実際に見て行きましょう。

Github

 みんな大好きOctocatで有名なGithubです。最も沢山の人に利用されているサービスで、サンプルからプラグインまでなんでもござれです。勿論オープンソースプロジェクトにもよく使われるため、非常に勉強になるソースとで合えることも度々あります。基本的に無料で様々な機能が使えるのですが、どこにも公開したくないプライベートリポジトリを作る際には月額有料会員にならなくてはいけません。そうでなく、パブリックリポジトリを作る分にはいくらでも無料で使えますし、勿論ROM専なら当然ほとんどの機能を無料で使えます。

魅力

 なんといっても魅力的なのは、そのリポジトリ数とユーザー数です。新しく自分が作ったものが、結構な頻度でGithubにあったりするので、それはそれで気分が落ち込みますが、そうした作ったものを通じて様々な人との交流が生まれたり、また、ソース自体のプルリクエストなども来るようになったりと新しい交流の場としても、非常に魅力的なGitホスティングサイトです。

bitbucket

 Hipchatなど様々な開発者向けツールを公開しているアトラシアンさんから出ている、GitホスティングサービスがこのBitbucketです。なんといっても素晴らしいのはGithubでは有料になってしまうプライベートリポジトリが無料となっている点でしょう。プルリクエスト機能、SSHや開発WIKIなどもついたいたせりつくせりなBitbucketですが、一つ注意しなくてはいけないのが、無料プランの場合一つのプロジェクトリポジトリの参加メンバー数が5人までという形になってしまうんですよね。小規模なプロジェクトチームで何かを作るのであれば十分すぎますが、もしも大人数で大きなプロジェクトを動かすのであれば、課金したほうがいいかと思います。

魅力

 Bitbucketの魅力はなんといってもプライベートリポジトリが無料で使えるということでしょう。ですので、まだまだ公開できるレベルにない初期段階のものでもガンガン使っていけちゃいます。またグループウェアとしての側面も強く、GithubがプログラマーのSNSである一方こちらはお仕事で使えるツールという真面目な感じになっています。

 またデフォルトでプロジェクト管理ツールも付いているため、複数人で何かを作る際には欠かせないサービスかもしれません。

Codepen

 こちらはGitホスティングのサイトとはちょっと気風がことなるものですが、様々なサンプルソースと、それを実際に動いているところを見れるサービスです。こちらはウェブ上で開発が出来る上に、実際の可動も逐一確認できるようになっています。また、気に入ったソースをフォーク出来るので、ソースを参考にしながら自分で色々と改造して遊ぶことも出来るようになっています。特にウェブプログラミングに特化しているので、ウェブアプリケーションソフトを作ってみたいという人にはうってつけです。

魅力

 見ているだけでも楽しい様々なサンプルソースが実際に動いているさまを眺められるという楽しいサービスです。その上、実際に自分で開発する際には、クロスブラウザチェックの機能を使ったり、また、面白い機能として、動いているサービスのスクリーンショットやビデオ撮影などがクリック一発で簡単に行えるようになっています。英語のサイトですのでハードルが高いと思ってしまう人もいるみたいですが、そこまで気になるほど英語力は必要にならないので利用してみてはいかがでしょうか?

Runnable

 こちらもGitホスティングサイトではありませんが、とてつもなく便利なので、紹介いたします。こちらは、どうやってコーディングすればいいのかわからないと思ったものをあらゆる言語の中からソースコードを検索でき、しかもその上そのままWEB上で実行テストや編集が出来てしまうという無料サービスで、まさにプログラムソースの検索エンジンといった具合のものなのです。掲示板を実装したいと思った時に自分の開発言語名+BBSで検索、ログインシステムを実装したければ、開発言語名+Loginで検索すれば直にサンプルが出てきます。参考にしながら色々と作ってみるのも楽しいかもしれませんね。

先人から学ぼう

 さて、様々なサイトを紹介してきましたが、ここに紹介した以外にもゲーム向けだったり、スマホ向けだったりとそれぞれの用途別のサンプルソースを公開しているサイトがあります。是非、色々と参考にしながら、弄ってみるといいのではないでしょうか? また、こういったソースを元にあれアプリを作るのもいいですが、WebAPIというものを使ってもっと変わったものを、少ない技術力で作り出すことも出来るようになっています。そんなWebAPIについても詳しく紹介していこうかと思います。